カレンダーBANK

メタボ カレンダーとは?

「メタボカレンダー」(無料)で記録する項目は、体重、体脂肪、腹囲など22項目。主要メーカーの体組成計で計測できる項目をひととおりカバーしています(入力画面参照)。
血圧や血糖値、腹囲などについては、メタボリック症候群の診断基準値をオーバーすると、カレンダーや参照画面に爆弾マークが出て警告します。

カレンダー画面では、身長・体重から算出されるBMI値と体脂肪率をもとに、自分の今の状態を「肥満」「隠れ肥満」「標準」など5種類の顔アイコンで表示、状態の推移がひと目でチェックできます(カレンダー画面参照)。 もっと詳しく推移をチェックしたい方のためには、体重・体脂肪やからだ年齢、腹囲・血糖値などをグラフ化して印刷する機能や、アイコンによる経過をカレンダーに印刷する機能も付いています。

また、体重計(体組成計・体脂肪計)などで測ったデータをメモするテンプレートもご用意していますのでご利用ください。>> ダウンロードページへ

※BMI値の自動計算には、身長の登録が必要です。>> 詳しくはこちら
※カレンダーに顔アイコンを表示させるには、身長および誕生日の登録が必要です。>> 詳しくはこちら

メタボ カレンダーを使ってみる

【メタボ カレンダー画面】※カレンダー印刷についてはこちら>>
メタボ 記録
(クリックすると拡大します)


【カレンダー・アイコン説明】

入力画面で入力された「体脂肪率」と「BMI値」および「年齢」に基づき、下記の表に従って「肥満」「隠れ肥満」「筋肉質」「標準」「やせ型」のいずれかを自動算出しています。

なお、BMI値については、あらかじめ登録しておいた身長と、メタボカレンダーの入力画面で入力した体重から、自動的に算出し登録されます。>> BMI値の計算方法

年齢・・・ご入会時に入力いただいたお誕生日から自動算出しています。「マイページ」の「基本情報の変更」から変更できます。

アイコン説明
BMI計算方法
BMI計算方法
【参考】標準体重の求め方
標準体重の求め方

【身長登録画面】
身長と体重を登録すると、BMI値が自動で計算されて登録されます。
カレンダー画面や入力画面の上部にある「身長の登録」をクリックすると、身長登録画面が表示されます。
身長登録画面
(クリックすると拡大します)


※ご注意※
  • 身長を登録もしくは変更しても、それまでに入力したデータについて、BMI値の再計算は行いません。
  • 身長を変更後、それまでに入力したデータを修正する際に、BMI値の自動計算にチェックを入れて登録すると、現在登録されている身長でBMI値が算出されますのでご注意ください。

【入力画面】
※データを登録していない日のカレンダー上の日にち部分をクリックすると、「入力画面」が表示されます。
メタボ 入力画面
(クリックすると拡大します)

【参照画面】
※カレンダー上のタイトルや写真をクリックすると、「参照画面」が表示されます。
メタボ 参照画面
(クリックすると拡大します)
【摂取カロリーグラフ画面】
グラフの表示ボタンをクリックすると、「グラフ画面」が表示されます。
メタボ グラフ
(クリックすると拡大します)
※このサンプルのデータは正確なものではありません。

メタボ カレンダーを使ってみる

【Q&A】 ウェブカレンダーでコメントが入力できない
2018年・戌のテンプレート・年賀状イラスト素材
◎ 姉妹サイトからのおすすめ ◎
フォントマーケット

フォントマーケット

Wordのカレンダーなら、
お好みのフォントで
可愛くおしゃれに
変身できます!
☆ 注目コンテンツ ☆
デザイナーカレンダー

デザイナーカレンダー

個性いっぱいの
デザイナーたちの
オリジナルカレンダーが
すべて【無料】
広告掲載について